2015年08月17日

第1回上代文学会夏季セミナーの会場の変更について

会場が変わりました

いよいよ今週の8月21日(金)に、第1回上代文学会夏季セミナー「萬葉写本学入門」が開催されます。
多くの皆様より、参加申込をいただき、当初予定していた会場では、対応することができなくなりました。
建物は、同じ青山学院大学総研ビルですが、以下のように会場を変更いたします。

(予定の会場) 青山学院大学青山キャンパス 総研ビル3階 第11会議室
  ↓
(変更後の会場)青山学院大学青山キャンパス 総研ビル8階 第10会議室

なお、総研ビル入り口にも、変更後の会場へのご案内の掲示をします。

懇親会の会場も、決まりました(約15名の皆様が参加の予定です)。
カフェラ・ボエム・北青山(イタリアンレストラン)
[ご案内]

お目にかかれますことを、心待ちにしております。

第1回上代文学会夏季セミナー・コーディネータ
小川靖彦
posted by 上代夏季 at 22:24| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

第1回上代文学会夏季セミナー開催のお知らせ

萬葉写本学入門

写本研究・本文研究は、萬葉集研究の基礎となるものです。
1925年(大正14)に刊行された『校本萬葉集』は、『萬葉集』の写本研究・本文研究に画期をもたらしました。
『校本萬葉集』の刊行から90年を経た今、広瀬本をはじめとする新たな写本・断簡の発見によって、写本研究・本文研究は新たな局面を迎えています。
そして、『校本萬葉集』も、その理念と方法論を歴史的に再検討する時期に来ています。
この上代文学会夏季セミナー「萬葉写本学入門」では、『萬葉集』の写本・版本や断簡の扱い方、調査の仕方など初歩から、『萬葉集』の写本研究・本文研究のメソッドをわかりやすく解説するとともに、現在の最先端の研究成果を紹介し、これからの写本研究・本文研究のあり方を考えます。

開催日時・会場
2015年8月21日(金) 13:00~17:30
青山学院大学青山キャンパス 総研ビル3階 第11会議室
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25  
  JR山手線、東急線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面出口より徒歩10分
  東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口より徒歩5分
会場案内
構内案内

プログラム
12:30~    受付
13:00~13:05 開催挨拶        上代文学会代表理事 梶川信行(日本大学教授)
13:05~13:10 第1回セミナー趣旨説明            小川靖彦(青山学院大学教授)
13:10~13:50 講義⑴『萬葉集』の諸本、系統        田中大士(国文学研究資料館教授)
13:50~14:30 講義⑵『校本萬葉集』の理念と方法     小川靖彦(青山学院大学教授)
14:30~15:10 講義⑶『萬葉集』の受容史          城﨑陽子(國學院大學兼任講師)
15:30~16:10 ワークショップ「写本の見方」     新谷秀夫(高岡市万葉歴史館学芸課長)
16:30~17:30 ラウンドテーブル(懇談会)
                    総合司会:景井詳雅(洛星中学・高等学校教諭)
18:00~20:00 懇親会

参加要領
《参加資格》
・上代文学会夏季セミナーは、主に大学院生を対象にしていますが、学部学生も参加できます。日本上代文学研究のメソッドに関心のある方なら、大学院生・学部学生でなくとも参加を歓迎します。
・上代文学会会員・会員外であるにかかわらず、参加することができます。
《申込方法》
・2015年7月31日(金)必着で、下記のメールアドレスに参加者が直接申し込んでください。これは事前に人数を確認するためのものです。当日参加も可能ですが、できるかぎり事前にお申し込みください。
yasuhiko.ogawa122[at]gmail.com
・申込メールは、件名を「上代文学会夏季セミナー申込」として、本文に氏名、所属(大学院生・学部学生の場合は学年)、学会員・会員外の別を明記してください。
《参加費用》
・資料代として、当日お一人500円をいただきます。
《懇親会について》
・懇親会に参加する場合には、メールの本文に「懇親会参加」とお書きください。会場は青山学院大学青山キャンパス周辺の予定です。懇親会費は、4,000円程度と考えていますが、参加人数によって変わります。
《問い合わせ先》yasuhiko.ogawa122[at]gmail.com
posted by 上代夏季 at 22:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

上代文学会夏季セミナー開催のお知らせ

上代文学会では、平成27(2015)年度より、若手研究者育成のための夏季セミナーを開催することになりました。

夏季セミナーは、主に大学院生を対象として、日本上代文学研究を進めるために必要なメソッドを伝えることを目的をしています(日本上代文学で卒業論文を書く学生、大学院進学を考えている学生も歓迎します)。

また、上代文学会編の論集の刊行とも連動する形で、上代文学会の最新の研究成果をわかりやすく紹介する場ともしたい、と考えています。

研究の細分化により、他分野の研究メソッドがわかりにくくなっているということも、今日問題になっています。日本文学・日本語学の他領域や、日本史学・民俗学・比較文学をはじめとする隣接分野の研究者に、日本上代学文学研究のメソッドや研究成果を伝え、研究情報を共有する場をもしたいと思います。

若手研究者の積極的参加を呼びかけます。

(上代文学会夏季セミナー実行委員会)
posted by 上代夏季 at 12:47| 日記 | 更新情報をチェックする