2015年08月22日

第1回上代文学会夏季セミナーが無事終わりました

御礼申し上げます

8月21日(金)開催の第1回上代文学会夏季セミナー「萬葉写本入門」が、無事終わりました。
開催担当の予想を超える、多くの皆様に参加いただけ、本当に嬉しく存じます。
学部の学生の皆さん、各地の大学院生の皆さん、また会員外の若手研究者や『萬葉集』に関心のある方々にも、ご参加いただきました。

これほどまでに関心を持っていただけたことに、驚いております。
会場が狭く、蒸し暑かったことを、何卒お許しください。

講師一同、上代日本文学研究の基本的方法(メソッド)を、わかりやす、きちんと伝えることの大切さを、改めて強く実感いたしました。

ラウンドテーブルでは、ようやく若手の皆さんから質問が出始めたところで、時間切れになってしまいましたことが残念です。
今後、方法を工夫してゆきたいと思います。
また、ラウンドテーブルでおっしゃりたかったことを、ぜひこのブログにコメントしてただければ、と思います(このブログを情報交換の場として使ってゆきたいと思っています)。

なお、来年度・再来年度にも、夏季セミナーの開催が予定されています。来年度・再来年度はそれぞれ二つのテーマに関して、2日間の開催となります。
 平成28年夏 ①古事記・日本書紀  ②上代のことばと文字
 平成29年夏 ①神話         ②芸能と歌謡
ぜひご参加ください。

また、今回の第1回夏季セミナー「萬葉写本学入門」の成果は、来年4月にペーパーバック版として、笠間書院より刊行されることになっています。今回の成果を取り入れ、より充実したものに仕上げてゆきたく思っております。

第1回上代文学会夏季セミナー・コーディネータ
小川靖彦
posted by 上代夏季 at 10:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください